#m3k.雑記

マサキです。個人的な雑記、実験記録。最近は仮想通貨実験してます。それ以外は本家m3k.bizで


Chromebook flip10.1型の今。仕事では使えないので、仮想通貨トレード確認マシンとして使ってたら用途が増えてきた。

image

いつ買ったかもう忘れたけど、後述する現在の用途で使うまで結構放置してました。なんならAndroidアプリだけど自作で自分用に作ってChromebook flipカスタマイズとかもしてたけど、これは実用性より趣味のカスタムって感じでした。

 

・輸入したChromebook flip

海外から輸入したChromebook flipですが、文章端末として使うにはATOKが使えない(更にいうと一太郎の縦書き)的な個人的な観点からNGで、ブログ更新とかそういうのには向いてるけど、その為だけに持ち歩くくらいなら仕事でも使えるMacBookProを、となってしまうので圧倒的に軽量だけどほぼ使わず。

余談ですがMacBook airも似たような理由で長いこと放置されてたので、最近手放しました。軽量という観点ならばChromebook Flipで十分。利点はiPhoneと同期できるメモが使えるというだけだったので、その為だけに持ち歩くならばやはり仕事でも使えるMacBookProを、となってしまってました。

 

本題。

では、何に使ってるかというと仮想通貨トレードのチェックで使ってます。

特に大きな変動時はスマホアプリでは取引所が利用できないcoincheckでさっさと取引できるように常に開きっぱなしにしています。

最近までMacBookProを使ってたのですが、これは出先の映像関連の仕事でも使ってるので非効率的だしそもそもそこまでマシンパワーいらないし。

というわけでより省電力のChromebook flipが君臨してます。

折り返してタブレットモードにする事でノートを閉じないままにしておけるので手軽。

 

  

 Chromebook flipを業務用途で使う事は断念

ネット、テキストファイルベースの文章、メールの返信などで使うのがそもそもの本来の用途なので、手軽にChromebook fipだけ持ち歩く事はあっても、結局ほとんど使う事はありませんでした。


データの受け渡し媒体としてドロップボックスとグーグルドライヴを使いつつ、様々な用途で試してみましたが、重量とバッテリーの持ち以外の全てでMacBook Proに負けてました。性能は最初から比較にならないので、そういう観点ではなく単純に使い勝手の面で。

 

音出しや映像出しで使えたら軽いし便利だと思ったのですが、これらの作業は失敗が許されないので簡単操作もしくは操作に慣れておく必要があります。

が、動画データをデスクトップにおいてダブルクリックで再生みたいなそういう感じではなかなか使いづらいものがあって、容量も少なく当日受け取った映像や写真データをコピーしておくみたいな使い方にも不向きなので、断念。


音出しはiTunesライクなプレイヤーとか使えばいけそうだけど、その場で取り込みとか出来ないのでやはりとっさの対応という観点から困難。

バッテリーの持ちに関してもこういう使い方の場合、そもそもACアダプタを使うのであまり関係なし。

ちなみに決まった映像を再生するだけで、音楽をループ再生するだけ、みたいな使い方だったら問題ないと思いますが、バッテリー持っても不安なのでアダプターも持ち歩くようになるから、こういった用途ではバッテリーの持ちはメリットになりませんでした。

ちなみにスリープからの復旧の速さも売りですが、MacBookも同じく速いので、メリットとして捉えてません。 

タッチ液晶もほぼ使ってません。Androidアプリはモバイルマシンとして使う人ならば、機能追加の補助としてどんどんカスタマイズしていけると思います。

 

 

 現在の使いみち

作業中などに開きっぱなしにして仮想通貨トレードの確認、操作。MacBook Proでも良いのですが、使いみちを求めてより省電力のChromebook flipを使い始めました。


これだけで十分なのですが、触る機会、見る機会が増えた分、Chromebook flipからメール返信やネット、あとは社用の各種管理画面ログインなどの用途が増えてきました。この文章もChromebook flipです。

Chromebook flipはなんといっても軽いし(ローエンドマシンと比較すると)動作も機敏なので、 こういった操作でストレスを感じる事はありません。常時スリープだから関係ないけど起動も速いし。

 

十年くらい前のネットブックと呼ばれていたものの行き着く先の一つがChromebookだと思います。ウィンドウズやMacintoshである必要がない事に特化させたマシンの使いみちがあるならば、おすすめ。

あ、念のため記載すると、私の言う「文章作成」はブログやメール、ネットなどの文章は該当しません。こういったものは直接入力じゃない場合でも、Chromebook flipじゃなくてもiPhoneのメモやテキストエディッタで十分。

Chromebookは余計な事がなにも出来ない分(開発者モードの事は除外)、初心者も使いやすいと思いますが、開発環境整えたいとかそういった用途ならばUbuntuとかの方が良いと思うし、型落ちマシンをカスタムしてLinuxで使うみたいなのが楽しいとかじゃなければ、素直にWindowsMacを買った方が楽だと思う。

 

私はそういうカスタムが楽しいので、定期的に試してます。

 

とまあそんなわけなので、プライベートで旅行に行くとかじゃない限り持ち歩く事はなさそうだし、プライベートで旅行とか行かない予感しかしないけど、軽量コンパクトのメリットは持ち歩きじゃなくても発揮するんだな、とわかっただけでも良かった。

 

売っても大した金額にならないけど、Chromebook flipはそもそも好きな端末なので他に同様の用途の物が出てこない限りは使い続けると思います。USB-Cで充電出来る2017年10月モデルはちょっといいなと思うけどね。

ちなみに覗き見防止シートを貼ってますが、純正ではなく、タブレット用のテキトーな10.1インチ用の物を貼って使ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

ここはマサキの個人ブログの為、あらゆる個人、団体、会社は一切関係ありません。