読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#m3k.biz

マサキです。個人的な雑感やYMZについて。それ以外は本家m3k.bizで。


12月2日YMZ新木場大会。米山香織という人間。

f:id:m3km:20151203152616j:plain

 新木場大会は超満員札止め251人でした。受付のみどりさんがチケット無くなった分もちゃんと数えてくれてたのです。

 

 西新井の何倍ものお客さんが、平日の新木場に集まって下さいました。本当にありがとうございます。泣く!

 早朝開催だとか深夜開催だとか、初日の出時刻に開催だとか、平日に横須賀や千葉で開催だとか変な事ばかりやり続けてたので、全然何も考えてなかったけど、平日の新木場(しかも雨)というのは、かなり多くの人に心配されました。

 

 新木場というだけで既に普通の事だと思ってたので、感覚が世間とずれてるのかもと思ったので、そこは(少なくとも僕は)注意しないとな、と思いました。

 

 唐突だけど僕が深夜一人でタンスに足をぶつけた時の話。

「なんだよこのクソダンス、なんでこんなところにあるんだよ置いたの俺だよ捨てるぞいてーなこの野郎。そっちのダンスじゃねえよタンスだよ!」

 とか怒鳴ったという話をして、部屋で物にぶつかった時物に怒るよね? って聞いたらみんな怒らないって言ってた。

 色々気をつけよう……

 

f:id:m3km:20151203155803j:plain

米山香織という人間

 珍獣、ダルマ、もじゃもじゃ、忍たま乱太郎、ひよこ、現存する大半のゆるキャラに似てる。

 色々な表現を目にしますが、大勢の人に愛されて、第三者を色々な事に巻き込んでも、皆やれやれと困った顔して付き合ってくれる様な、そんな感じの人間性です。

 CX系列で放映された事がありそうな、三頭身のルックスに皆ごまかされてる。

 

 僕個人の話で言うと、人なんて100人いれば100の考えがあるから、100人全員に好かれるのなんて不可能。だから大切にしてくれる人を大切にすればいいし、どうでもいい人に嫌われたって別にどうでもいい、みたいに思ってて、実際そうやって生きてるんだけど、米山香織はそういう乱暴な選択肢を選ばない人。

 

 誰がどうみたってYMZで一番怒りっぽいのは僕。

 それだけではなく、一番気難しく、一番変わり者で、一番取り扱いが難しい人間だけど、そういう人間を使うのが上手な人間でもあるかな。自分の事を客観視するのは苦手だけど、これは自分でもわかる。

 

 最近、とある事で周りがどん引きする位、僕が異常にキレてたら、冷静にたしなめられました。

 というか、その時言われた言葉がすっごいしっくりきて、本当にその通りだと思って納得できたから怒りはあっという間に収まったんだけど、その言葉自体、以前、僕が言った言葉みたい。同じ言い方ではないけどね。

 

 短所を把握する事は大事だけど、短所>>>長所 という感覚は嫌いなので、人の短所はなかった事にしてます。

 米山香織も短所は沢山あると思うけど、長所だって沢山あるし、YMZ内では各自の短所を各自の長所で補い合えてるのかなって思いました。

 まあ、一番いいのは短所をなくす事なんだろうけど、少なくとも俺は無理だからね。一人称なら決めてません。

 

「気をつける努力」
「直そうとする気持ち」

 なんていう耳に優しい言葉の数々は、実際さほど効力ないからね。

 でも、なかった事にはせず、短所のせいで皆が迷惑を被ってるという事は常に意識して、出来る事なら改善したいなとは常に思う様にしています。ま、これにしたって実際はさほど効力ないんだけどね。思う様にしてる。魔法の言葉。

 

 とりあえず、周りの皆は僕の長所だけを見てくれてるので、僕も皆の長所だけを見ていきます。これからも。

 

f:id:m3km:20151203161522j:plain

僕を作り上げた三人

 今の自分を作り上げたのは、自分を除くと三人。いや、自分自身を作り上げたのは間違いなく自分という自覚があるからね。だから自分以外。

 

 一人目は、本日12月3日うまれの母親。

 実の息子に対して、監禁王子に似てるとかいまだに言ったりはしつつも、やる事を否定されたことは一度もないかも。肯定もされないけど。昨日、初めてYMZ観に来ました。2号トートバッグを買ってYMZオーロラTシャツとタオルをいれてて笑った。オープニングのマサキ黒歴史写真に爆笑してたみたい。

 

 二人目は、意味不明な人間だった頃から曲を作ったりとか色々とお願いしてくれた、当時我闘姑娘、現我闘雲舞さくらえみさん。

 意味不明な人を引き入れると自分が大やけどしかねないのに、会社を作ったばかりの僕にメルマガ執筆依頼をしてくれたり、他も沢山。今もポートレートやジャケットデザイン、パンフ作成。色々な仕事の依頼をしてくれてます。入場曲とかもね。

 

 最後の一人は米山香織。さくらさんを介して紹介されたのはグッズ製作かなんかの打ち合わせだったかな。結局、ポートレートとかは作ってないんだけどね。今でも。

 その打ち合わせで意気投合して数日後だったっけ。富士山でゲリラライヴをやり、そのまま行動を共にして、そしていつの間にかプロレスの大会を開くようになり、昨日はとうとう新木場大会。

 夏の新宿FACE24時間プロレス参加も感慨深かったけど、単独開催の新木場大会を超満員札止めは、感動しました。

 これからも、1しかない能力を10に見せかけて、そう言い続けることで自己啓発して、プラシーボ効果で頑張っていこう。

 

 

 米山香織がいなかったら存在しなかった人達。それがYMZの全てです。

 過去も未来も興味なくて、現在とせいぜいがちょっと先の未来くらいにしか興味を持てません。なので、過去とか未来とか全く興味ないけど、今がいつも楽しいので、これからも、楽しい今を送り続けたいと思っています。

 

 これからも、米山香織、YMZをよろしくお願いします。そして米山香織ファンクラブ、よねぞーんもよろしくお願いします。最近、とてもありがたい事に入会者が増えてます。

 詳細は米山blogをご覧下さい。

 もしくは yoneyamado@pacifictrust.jp に空メールを下されば案内を返信します。携帯の方は受信許可設定もお願いします。

 

ameblo.jp

ここはマサキの個人ブログの為、あらゆる個人、団体、会社は一切関係ありません。